目に有効な成分

栄養成分一覧

ルテイン
目の中では網膜に多く存在するルテインには、網膜を有害な光のダメージから守る働きがあります。また、目の疲れを改善する為にも有効な成分でもあると言われています。

アントシアニン
目に良い食材と言われ続けてきたブルーベリーや、黒大豆の種皮などに含まれる色素成分で、抗酸化力が高い事でも知られています。

ビタミンA
視機能障害では夜盲症に有効とされるビタミンAですが、それ以外にも様々な働きがあります。そんなビタミンAのもたらす効果や摂取における注意点。

ビタミンB1
糖質を燃焼してエネルギーを取り出すときに必要なビタミン B 群の一つである、ビタミンB1の働きや1日の必要量。多く含む食材等についての情報。

ビタミンB2
ビタミンB群の中でも、視力の増進や目の疲労を軽減するのに有効なビタミンB2の主な役割や摂取について。

ビタミンC
抗酸化力や体内のコラーゲンの合成に必要なビタミンCは、環境やストレスによっても減少してしまうので、日ごろから多めの摂取を心がけたい栄養成分でもあります。

ビタミンE
ビタミンの中でも抗酸化力に優れていて、目の細胞が老化するのを防ぐ働きがあります。また、血管内を綺麗にする事で、眼球内に出血が及ぶ病気を未然に防ぐ上でも必要な栄養成分です。

コンドロイチン
目の角膜に含まれていたり、ドライアイの改善に効果的な目薬の成分として配合されているコンドロイチンの主な役割など。

ヒアルロン酸
保水力に優れていて、コラーゲンの間を埋める役割や、目の硝子体などに存在する事で、視機能維持に欠かせない役割を担っているヒアルロン酸の効果や摂取について。

EPA
主には血液をサラサラにする働きなどで注目されているEPAですが、涙の量を増やす事でドライアイを改善する働きもあると言われています。

DHA
n-3系脂肪酸の一つであるDHAには、涙の成分が免疫機能によって破壊されるのを防ぐ働きがあり、ドライアイの改善に有効だと言われています。

コエンザイムQ10
体内でも生産される補酵素の一つで、高い抗酸化作用やミトコンドリアがエネルギーを作り出すのにも必要。黄斑変性症の改善に有効だと言われている以外にも、心臓病の治療薬として用いられています。